キャッシングで怖い思いをすることもあるのでしょうか

キャッシングについてはテレビなどでよく見かけるような、取立ての怖いイメージを持つ方もいるでしょう。しかし実際には、テレビで見かけるような取立てに押しかけて来られるということはまずありませんので心配はいりません。

 


それは違法な取立ては法律で規制されているからです。
そもそも適切な利用を心がけているのであれば心配する必要自体がないのです。

 

キャッシングに対する作られたイメージについて

テレビなどでよく見かける怖い取立てのようなイメージについては、極端に誇張されたものであるようです。現実とはかけ離れた非現実的な、誇張されたネガティブなイメージが一般には定着しているようです。怖いお兄さん達が家に押しかけてきて、怒鳴られたり暴力を振るわれたりして借金を返すことを強要されるというようなイメージを持っているために「キャッシングは怖い」と考えている人も多いです。

 

またキャッシングをすることで多重債務の状態になって、結果的に自己破産に追い込まれるというイメージを持つ人もいますが、これもやはり誇張されたイメージということになります。

 

実際の取立てについては

実際にキャッシングを利用していて取り立てにあうということはまずないでしょう。
というのは大部分の方は返済の期日を守っているからです。

 

仮になにか返済が滞る事情がある場合であれば、事前にキャッシング会社に連絡しておくようにすれば適切な対応をしてもらえます。

 

ですから取立てというのは、無断で返済を滞らせて催促も拒み続けるような悪質な場合に行われるものと考えてください。

 

またもしも取り立てにあうような事態になった場合でも、一般のイメージのような暴力的な乱暴な取立てというのは行われません。それは取り立ての方法について法律で規制がされているためです。

 

具体的には乱暴な口調や暴力行為、早朝や深夜の取立てや大勢で押しかけるような行為、生活や仕事に支障をきたしたりプライバシーを侵害する行為などについては、厳しく規制がされています。

 

これについては警察による取締りや摘発も行われているため、キャッシングの取立てというのは実際にはとても「やさしい」ものなのです。

 

多重債務に関する誤解について

 

キャッシングをすると多重債務になって自己破産に追い込まれるというイメージを持った方もいます。しかし多重債務というのは複数の業者から同時に借金をして返済が難しくなったものをいいますので、普通に1社からキャッシングをしただけではこのような状況にはなりません。

 

また法律により総量規制という限度額の規制があるため、原則年収の3分の1までしか借りることができなくなっています。ですから借りすぎに気をつけて節度を持ってキャッシングを利用していれば多重債務については心配はいらないでしょう。

 

 

→主婦の方にはイオン銀行カードローンがおすすめ!その理由とは?